格安VPS【WIN-VPS.com】でVPSを始めよう!(1)新規登録

知らないと損する!?格安VPSサービス【WIN-VPS.com】

FXの自動売買を始める方は要チェック!の、海外VPS(Virtual Private Server=バーチャルプライベートサーバ)についてご紹介します!

そもそも、VPSは必要なの?

利用するブローカーのサーバが海外(ニューヨークやロンドンが多い)にある場合、日本のPC環境からエントリーした時と、海外の近い地域にあるサーバからエントリーした時では、レイテンシー(遅延速度)に大きな差がでてきます。 海外FXブローカーの取引サーバーの近くのVPSサーバーをレンタルすれば、1番速くて約0.001秒で高速通信できます。

もちろん、EAはご自身が普段お使いのパソコンからでも運用可能です。しかし、自宅PCで運用した場合、24時間稼働した時の電気代、PCにかかる負担や、地震や雷雨による停電の可能性を考慮する必要が出てきます。現実的には、自宅PCを24時間起動しておくのは難しいです。

そこで今回、格安の海外VPSサービス「WIN-VPS」をご紹介します!

WindowsサーバーのVPSが、月額880円から!

私は今まで、Vultr.com(ヴァルチャー) のWindows2012サーバー100GBプラン($56)を利用していたので、VPS代を一ヵ月で約6,000円を支払っていました(それでも、国内VPSと比較すると安いのですが)。それが今回、WIN-VPS.comの【BRONZE 2プラン】に乗り換えたので、VPS代は1,320円($11.99)に!

もし、最安価格の【BRONZE 1プラン】を年間払いした場合、月額たったの880円($8)になります!やすっ!!

ブロンズプランの詳細はこちら↓です。Windowsサーバーを選択した場合、以下の料金にプラスしてライセンス料が月550円($5)かかります

PLANBRONZE 1BRONZE 2BRONZE 3
Host-server CPU4xOcto-Core E7-48304xOcto-Core E7-48304xOcto-Core E7-4830
RAM2048 MB5120 MB6144 MB
Primary SSD RAID-10 Disk80 GB SSD RAID10100 GB SSD RAID10120 GB SSD RAID10
Secondary SATA RAID-10 Disk *300 GB SATA RAID10300 GB SATA RAID10300 GB SATA RAID10
CPU power2000 MHz2000 MHz2000 MHz
Traffic 1000 Mbps sharedwithout limitationwithout limitationwithout limitation
OS Windows variants7/8/10/2008/2012/20167/8/10/2008/2012/20167/8/10/2008/2012/2016
OS Linux or BSD variants>20 variants>20 variants>20 variants
RDP accessyesyesyes
VNC accessyesyesyes
Dedicated IPv4optionaloptionaloptional
Client softwarewithout limitationwithout limitationwithout limitation
月額利用料/月払$4.99$6.99$9.99
月額利用料/年払$3$6$8

WIN-VPS.comのメリット・デメリット

他社のVPSサービスでも同様だと思いますが、メリット・デメリットは当然あります。

メリット
  • 低価格・幅広い料金プラン
  • 高機能・高品質・安全
  • シンプルなユーザー管理画面
  • MT4発祥のロシアで絶大な人気
  • ライブチャットのサポート有り(英語)
  • リージョンが豊富(ニューヨーク、ロンドン、アムステルダムなど)
デメリット
  • たまに接続障害になる
  • サイトや、ライブチャットのサポートが英語またはロシア語
  • 日本からの場合、支払い方法は、ペイパルかWebMoney(英語&ロシア語の)かビットコインが無難

WIN-VPS.comで一番不便なのは、たまにサーバーに接続できなくなる(ただ、EAは動いてますw)ことでしょうか。
ただこれについては、自宅のPCにもMT4をインストールしておけば、その辺の悩みはある程度カバーできます。今のところ、使っていて長時間接続できなかったことはありませんので(長くて15分程度でした)、私は満足しています。

これからFXを始めようかなーと考えている方は、まずは格安のWIN-VPS.comで運用を始めて、しばらく様子を見るのが良し◎だと思います!

VPS申込みの流れ

1. 申し込み前に準備するもの!

WIN-VPS.comの申し込みは、オンライン上で全て完結できます。
PayPal(ペイパル)だけは、事前に登録しておいた方がスムーズです。個人アカウントでないと決算できないのでご注意ください。(ただ、PayPalはゲストでも決算可能。)

↑クリックでPayPal(ペイパル)のサイトへ飛びます。

2. WIN-VPS.comのサイトで申し込み

サイトのトップページはこんな感じです。上から何か降ってくるのがちょっと笑えますが、気にしないで登録を進めましょうw

普通の方が申し込むのは【Bronze VPS.】1~3のどれかだと思います。
ここでは、Bronze 2を申し込むフローをご説明しますが、基本的にどのプランの場合でも流れは同じです

↑すぐに登録したい方は、「Windows & Linux VPS」プルダウンメニューから【Bronze VPS.】を選んでください。

↑または、トップページを下へスクロールすると、プラン一覧が出てきます。そこから【BRONZE VPS】の下のボタン【BUY A SERVER】をクリック。飛び先のページは、プルダウンメニューから選んだ場合と同じです。

プラン詳細のページへ行きます。

↑【BRONZE 1】【BRONZE 2】【BRONZE 3】のうち、どれか1つをお好みで選択して「ORDER」をクリックしてください。私はチャートを沢山立ち上げるので、【BRONZE 2】にしました。

設定(Configure)ページへ飛びます。ここでは、色々なオプションをプルダウンメニューで選んで行きます!

↑月払い・年払いを選びます。年払いが、金額的には一番お得です。けど、不安な方は、まずは1ヵ月契約で良いんじゃないかなーと思います。

↑次に、サーバーのOSを選択します。
お好みで良いと思いますが、おすすめは【Windows Server 2012 R2】です。ここでは、Windows Server 2012を選択します。ライセンス料が月額5ドル追加になります。

↑VPSのロケーションを選択します。
私はTitan FX(タイタンFX)用のVPSとして使いたいので、ニューヨークを選択しました。

↑IPアドレスやコンパネ等のオプションは、申し込んでいません。(これもお好みで!)
【BRONZE 1】の月払いを申し込んだ方は、この時点で合計価格が$9.99になっていると思います。選択が完了したら、「Continue」で次の画面へ。

↑申込み内容確認の画面へ行きます。申し込んだ内容がOKなら、チェックアウトしてください!

3. アカウント登録・オーダー確認

↑アカウント登録の画面へ進みます。名前やメールアドレス、住所を入力します。

↑支払い方法の選択です。皆さん普通はペイパルかなーと思います。私はペイパルがビジネスアカウントになってしまっていたので、ビットコインで支払いました。。。涙
全ての入力が完了した後、「プライバシーポリシー等に同意をする」チェックをしたら、【Complete Order】をクリックしてください!

4. 利用料の支払い

↑オーダーが完了したら、請求書の画面になります。ペイパル支払いの方は、プルダウンメニュー【Payment Method】で「PayPal or Card via Paypal」を選択。ビットコイン決算を希望するは、そちらを選択してください(私はBTC払いにしましたが、ちょっと割高だったかも?)。

ペイパル支払いを選択した方は、ペイパルの決算画面へ移行しますので、そこでお支払い手続きを行ってください。

ビットコイン(BTC)払いを選択した方は、ビットコインのアドレスが発行されますので、そのアドレスにビットコインを送金します。(BTC払いの場合は、BTCを送ってから確認完了まで、少し時間がかかります。)

↑支払い完了後は、管理画面(クライアントエリア)の、申し込んだサーバーのステータスが「Paid(支払い済み)」になります。「支払い完了」のメール(件名:Important message from WIN-VPS.COM: Invoice Payment Confirmation)も届きますので、確認してください。

↑アカウント登録が完了すると、メールが3通届きます。私は特に読んでませんw
この3通のメールは支払い前に届くのですが、殆どの方はオーダー完了後、支払い画面へ進んでしまうので、後からメールを見ることになるかと思います。料金だけは確認しておいた方が良いと思います(←読んでない人が言うことなのか…)。

5. サーバー準備が完了するまで待ちます

↑支払いが完了すると、メールが届きます。私はビットコイン払いだったので、時間がかかりました。ペイパル払いの方は、下手すると4通まとめてメールが届くかもしれませぬ。届いたら、内容を確認してください(と言いつつ、やっぱりここでもメールは流し読みの私…)。

↑サーバー準備が完了するまでは、管理画面(クライアントエリア)のサーバーステータスが「Pending(保留中)」になります。サーバー準備が完了するまで、しばらくお待ちください。早い方はすぐ完了するみたいですが、私は3時間待ちました

完了後は、「ACTIVATION」という送信者名で、メールがまた3通届きます。
※管理画面(クライアントエリア)の入口は結構解りづらいです。もし迷子になってしまった場合は、メインメニューの【Client Area】から管理画面トップに戻ってください!

お疲れ様でした!その2では、VPSサーバー内の設定についてご説明します。

その2へ続く


業界最高のリベート率!
業界最速の出金!
海外FXキャッシュバックは
TariTali(タリタリ)!

海外FXのキャッシュバックならTariTali(タリタリ)

賢いトレーダーは知っている!
海外FXキャッシュバックならTariTaliで決まり!

当サイトおすすめの海外FXキャッシュバック業者は、TariTali(タリタリ)です!

TariTaliなら、業界最速の取引後1時間以内という短時間でキャッシュバックの出金も可能!
トレード利益を最大限にUPするために、海外FXの口座は必ずTariTaliのサイト経由で開設してくださいね!