【海外FXブローカー情報】サーバー所在地の調べ方

「お知らせ」で宣言したからには、有言実行せねば!
ということで、海外FXブローカー情報の第一弾としまして、サーバー所在地の調べ方について解説いたします!
※モチロン、既にご存知の方は読まなくてオッケーす!

ご注意ください

複数サーバーを所有しているブローカーの場合、アクセス元の所在地が変われば、サーバー所在地も変わる場合があります

サーバー所在地の調べ方

まず、ロケーションを調べたいブローカーのMT4を起動してください。
MT4のツールバーから「ファイル」メニュー→「データフォルダを開く」をクリック。

データフォルダが開きますので、この中から「config」フォルダを選択して開きます。

ロケーションを調べたいサーバー名のファイルを、メモ帳かテキストエディタで開きます。
(※私は普段仕事でコーディングもするので、サクラエディタというアプリを使ってます。)
今回のご説明では、TTCM(Traders Trust)のライブサーバーの所在地を調べたいと思います。

ファイルを開くと、文字化けパラダイスだと思います。
気にせず右にスクロールしてください。

サーバーのドメイン名(IPアドレスが書いてある場合もあります)が見つかると思います。
ここをコピっておきます。

サーバー名がわかったところで、次はGoogle先生で「ip location」キーワードを検索してください。
IP Location Finder」というサイトへ飛びます。
https://www.iplocation.net/

こちらがIP Location Finderトップページ。

IP Lookup という検索ボックスから、先ほどコピーしたドメイン名(またはIPアドレス)を検索します。

出てきたコチラが、調べたいサーバーのロケーション(所在地)です。
今回のケースでは、ロンドンという結果が出ました
メインのブローカーとして使用するのであれば、この近くのVPSサーバーを契約するのがオススメ。

VPS契約の参考にしてください!

普通に「ブローカー名+サーバー所在地」で検索すれば調べられる情報ではありますが、こんな方法でも調べられるよーという記事でした。ご存知無かった方の参考になれば嬉しいです。

次回は、私が契約した海外FXブローカーの開設済み口座一覧について書きます!


業界最高のリベート率!
業界最速の出金!
海外FXキャッシュバックは
TariTali(タリタリ)!

海外FXのキャッシュバックならTariTali(タリタリ)

賢いトレーダーは知っている!
海外FXキャッシュバックならTariTaliで決まり!

当サイトおすすめの海外FXキャッシュバック業者は、TariTali(タリタリ)です!

TariTaliなら、業界最速の取引後1時間以内という短時間でキャッシュバックの出金も可能!
トレード利益を最大限にUPするために、海外FXの口座は必ずTariTaliのサイト経由で開設してくださいね!